一生働ける資格が欲しい人必見!美容学校の選び方のポイントをご紹介します!

当サイトは一生働ける資格が欲しい人必見の、美容学校の選び方のポイントをご紹介しています。
手に職を付けていれば、中高年になってからでも働き口を見つけやすくなるのでおすすめです。
美容の学校を選ぶ際に気を付けたいポイントもこのサイトで解説しています。
学校選びを成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。
さらにこのサイトでは美容の学校選びにおける指標や基準は何かあるのか、というテーマでも情報を掲載しています。

一生働ける資格が欲しい人必見!美容学校の選び方のポイントをご紹介します!

手に職を付けられるよう、役立つ資格を取得したいと考えているのなら美容師資格を取得することができる美容学校を選ぶのがおすすめです。
美容学校にも様々なところがありますが、学校選びをするときには国の認可を受けているところ美容師の養成学校を選ぶことが大切です。
また全日制と夜間、それから通信制の美容学校があり基本的に全日制と夜間の学校は2年制、通信制の場合にはは3年制となっています。
自分に合った学校を選ぶようにします。

美容学校の種類は美容系スクールと専門学校・専修学校がある!違いを知り目的別に選択を!

美容学校には、美容系スクールと専門学校、専修学校といくつかの種類があります。
専修学校とは学校教育法第一条に規定される学校以外の教育施設で、年限が1年以上、昼間の年間授業時間が800時間以上、夜間課程の年間授業時間が450時間以上、常時40名以上の生徒が在籍しているなどの基準を満たし、所轄庁である都道府県知事の認可を受けた教育施設のことです。
専修学校の課程は、中学校(準ずる学校を含む)を卒業した者を対象とする高等課程、高等学校(準ずる学校を含む)を卒業した者を対象とする専門課程、その他の一般課程に分類されますが、その中で専門課程を置く専修学校が「専門学校」と呼ばれます。
美容系スク-ルとは上記の専修学校、専門学校の基準は満たしませんが、学校教育に類する教育を行う施設で認可を受けているところのことです。
どちらも実践的、実用的なスペシャリストの育成を行う教育機関ですが、設置条件や入学のための条件が少しづつ異なります。
授業時間や修業年数が異なる場合もありますので、美容業界を目指す方は美容学校をよく調べ、自分に合った学校を選びましょう。

美容師になりたければ必ず厚生労働省の認可が下りた美容学校(専門学校)を選択しよう!

将来の夢として美容師になりたいとあげている方は、そのために国家試験を受けなければなりませんし免許が必要です。
その免許をとるための第一段階として、美容学校に通う事になります。
様々な学校が全国にありますが、厚生労働省の認可が下りた美容学校を選択することが大事です。
カリキュラムなどもきちんとしていますし、その流れで2年間受けていけば最終的に国家試験へと望むことが出来るでしょう。
口コミ評判なども参考になりますし、選ぶ時には幅広く考えて決めることが大事です。
費用は立地や講師によっても変わってきますし、設備が充実している所は少し高くなる傾向がみられます。
それでも充実した専門学校生活をおくるためには、メリットも有りますし選ぶ時には学費だけで選ばない事です。
働きながら美容学校に通いたいという事であれば、夜間授業の学校も有りますし幅広い選択肢が有ります。
ニーズに合った美容学校がきっと見つかりますし探していきましょう。

中学卒業生でも入学し美容師を目指せる美容学校!それが美容専修学校です!

美容専門学校に通学するためには、原則として高卒の資格を保有していなければなりません。
そして、高等学校を卒業するか、高卒認定試験に合格するのがメジャーな方法とされます。
しかし、将来は美容師として活躍したいのであれば、中卒でも入学できる美容学校とも言われる、美容専修学校の高等課程で学ぶ選択肢もあります。
美容学校の高等課程では、高等学校で学ぶ内容と美容に関する専門的な勉強を同時並行で行います。
つまり、中学を卒業して高卒の資格を得るだけでなく、目標に直結する勉強もまとめて行える美容学校と捉えることができます。
さらに嬉しいことに、専修学校高等課程の美容コースを卒業すれば、美容師国家試験に挑戦する権利を得られます。
このような学校の数はそれほど多くありませんが、早い段階から将来の夢を決めている目標意識の高い中学生や、高校中退者や中卒社会人で美容業界に興味を抱いた方などから人気です。
色々な境遇を持った人が集まる学校ですが、美容師になりたいという明確な目標を持っている在校生ばかり。
ゆえに、有意義な学生生活が期待できます。

厚生労働省不認可のスクール系美容学校は美容師国家試験受験資格がないので注意!

美容師の免許を取得するためには国家試験に合格しなければなりませんが、この試験は美容学校を卒業または卒業見込みでないと受けることができません。
このため、美容師を目指す場合はまず美容学校を探して入学する必要がありますが、ここで注意が必要な点があります。
それは、国家試験の受験資格を得られるのは行政からの認可を受けた美容学校を卒業する場合に限られるということです。
不認可校で技術や知識を学んで卒業しても、試験は受けられません。
入学しようとしている美容学校が行政からの認可を受けているかどうかは、資料や公式Webサイトから知ることが可能です。
認可を受けているのであれば、学校教育法に基づいて設置が認可された専門学校であることや、美容師養成施設として都道府県知事から指定を受けていることが資料やWebサイトのどこかに記載されているはずです。
万が一書かれていない場合は、電話やメールで直接問い合わせて確認しましょう。

著者:赤井雅之

筆者プロフィール

東京都北区生まれ。
美容師の経験あり。
美容学校の非常勤講師などをしています。
東京 美容学校